社長ブログ この仕事に就くきっかけ その1

私の前職は、コンピューターのシステムエンジニア。
いわゆる、SEってやつでした。
25歳位の時に友人と一緒に起業して、特に金融系のお仕事が多く
銀行や証券会社さんのシステムを手掛けておりました。

ですので、自動車整備士の資格を保有してる訳でもなく営業の
スペシャリストでもありませんでした。

自動車自体は父親の影響もあり、子供の頃からモーターショー
に連れて行ってもらったり、カー雑誌などを見ていた環境から大好きでした。
当時水道屋さんを経営していた父親は、日産党で自家用車は
ハコスカ→ケンメリ→ジャパンとスカイラインを乗り継いでいたように
思います。仕事のトラックも日産だったような・・・

自分は、ミニカー・プラモデルというとシボレーコルベットスティングレー
しか買わないってくらいなぜか、コルベットが好きでした。
あのフロントフェンダーの盛り上がりが、好きだったように思います。

ある日、地元の先輩から起業の相談があり内容を聞いて見ると
「身体障害者の方々が自動車を運転できるようにするための部品を
取付する会社を設立するんだけど手伝ってくれない?」と。
私は、「はぁ?何それ?」カタログ見せられてもさっぱり、ましてや
車いすマークなんてまったく意味がわかりませんでした。

でも、自分の身体のどこかでなんらかのスイッチがONされたんでしょうね。

起業の手続きと総務事務に限定して、お手伝いする予定だったのですが、
このお話を頂いて数日後には起業していたコンピューター会社の自分の権利を
他の人に譲り、コンピューター業界から足を洗う準備をしていた自分がいました。
まぁ、自分の能力的にも限界を感じていたんでしょうね。頭悪いから。

この仕事の勝算など、まったく考えずその会社に移籍しました。

そんなこんなで、この業界にお世話になることなりました。

この仕事に就くきっかけ その2

オフィス清水のSNSをフォローする

記事末

お近くの取り扱い店を探す

認定取扱店加入について

社長ブログ


(社長 清水深)

時代は改造してくれる会社が
求められているのではなく、
相談できる会社が求められています。

相談したい方は今すぐお電話を!
TEL  03-6902-0201

こんなホームページですが
気に行って頂けましたら是非、
Facebookでもお友達になって下さいませ。
宜しくお願いします。

© 2022 福祉車両・介護車両改造のオフィス清水