あなたとクルマに合わせた福祉車両に改造します。|後付け回転シート|手動運転装置|車椅子収納装置|補助ステップ|スロープシステム|昇降リフト装置|

福祉車両・介護車両改造のオフィス清水

最近多いお問合せをご紹介いたします。

更新日:

私達のお仕事の多くは、

障害をお持ちのお客様が

自動車に乗る際に

なんらかの不都合がありそれを解消し、

楽しいカーライフを送って頂けるように

お手伝いをさせて頂くことがお仕事です。

ここ最近、目立つご相談をご紹介致します。

 

1.加齢による足腰の衰えによる自動車への乗降の負担軽減

特に初老のご夫婦で奥様が

自動車への乗降に困っている

というパターンが多いでしょうか。

改造内容としては、

助手席を回転シートに改造して

安心・確実に乗降できるような

ご相談ですね。

また、このようなご夫婦の場合は

ドライブが大好きとか

この車には色々な思い出があって

とても気に入っている

などのエピソードが垣間

見えるのも特徴かなと。

 

2.現代人ならみんなが起こりえる病気、腰痛です。

腰痛を超えてヘルニアになってしまい、

自動車の乗り降りが

大変だけれども、

会社には行かなければならぬと。

このご相談は働き盛りのお父さんからの

ご相談が多いかと。

改造内容としては、

運転席を回転シートに改造する場合も

ありますが、私達がお薦めしているのは

ティップアッププレートとか

サイドサポートシートとか呼んでいますが、

ドアを開けた時に

ボディとシートの間の隙間

(サイドシルというところ)に一度

腰かける部分を作って、

自分のペースでゆっくりとシートに

乗り込むことができるようにする

部品があります。

 

◎ティップアッププレート

◎サイドサポートシート

これを付けるとシートに乗り込み

やすくなるだけでなく、

シートの乗り込み部分の表皮が

傷みずらくなる効果もありますね。

 

3.安全運転の予防策として

自動車運転に際して、

世の中で話題になっている

ペダルの踏み間違いによる事故。

このような事故を自分で

起してしまわないように

何かいい手段はないか

とのご相談があります。

 

改造内容としては、手動運転装置の

アクセルリング&ブレーキレバー

という製品があるのですが、

その部品のブレーキレバーのみを

お取付することが目立ち始めています。

通常は、足でブレーキ操作を

行うことが出来て、

とっさの時や足に疲れを感じたときなどは

手でブレーキ操作を行うことが

できるようになります。

ブレーキレバーがついているだけで

自分自身が安心すると言って頂ける

お客様もいらっしゃいます。

東京都の一部地域では、

自動車改造助成金の対象製品として

認めて頂きました。

障害の有無ではなくカーライフにおいて

なんらかの不都合を生じている

お客様からの相談が増えて来ております。

私達はその地域に根差し、

その街のみなさまに可愛がって頂き

あんたたちの会社が無くなって

もらっちゃ困るんだよ!って

言ってもらえる

会社の集まりを全国に

広めて行きたいと思っています。

こんな事できる?

あんな事できる?

色々ご相談お待ちしております。

また、色々な地域に相談できる会社

ありますので是非どうぞ。

記事末

お近くの取り扱い店を探す

認定取扱店加入について

社長ブログ


(社長 清水深)

時代は改造してくれる会社が
求められているのではなく、
相談できる会社が求められています。

相談したい方は今すぐお電話を!
TEL  03-6902-0201

こんなホームページですが
気に行って頂けましたら是非、
Facebookでもお友達になって下さいませ。
宜しくお願いします。

-社長ブログ
-, ,

Copyright© 福祉車両・介護車両改造のオフィス清水 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.