福祉車両改造、介護車両改造のBRAVE BOAR株式会社|あなたとクルマに合わせた福祉車両に改造します。 |後付け回転シート|手動運転装置|車椅子収納装置 |補助ステップ|スロープシステム|昇降リフト装置|オフィス清水グループ|

埼玉県の福祉車両改造・介護車両改造専門店 BRAVE BOAR株式会社

福祉車両改造・日々の仕事 福祉車両への改造事例

ホンダN-BOXに手動運転装置をつけて両手で運転できる仕様に改造

投稿日:2019年6月3日 更新日:

両手を使って運転が可能になる手動運転装置

BraunAbilityカロスピードメノックスをN-BOXに。

 

実用的な手動運転装置である事をより具体化するために

「ひじ掛けを使いながら運転装置を操作」

「このシート位置で操作」

「スイッチ、ETC、ドリンクホルダーが使える」

「カロスピードメノックスでウインカー操作」

ステアリングデバイスも装着してハンドル操作も楽々。

フロアマットは純正で脱着も可能です。

サイドブレーキも手でかけられるように。

本当の意味で「あなたに合わせた、あなただけのN-BOX」がここに完成しました!

 

今﨑さゆりの思い

福祉車両。一言で言ってしまうと簡単ですが、家族が必要となり大切さを実感しています。

毎日の日々を家の中だけで終わらせてほしくない、外出して人と触れ合い充実した人生を送ってほしい。実感しながらも思うようにならない毎日でした。

そんな時に出会いました。「好きな車で自由に出かける」「世界が広がり毎日が楽しい」私たちにとってすごい事でした。そこから「必要な方々に届けられたら」と。本当にそう思います。今。私達に何ができるだろうか。

できることがあるはずだ!

そんな気持ちで取り組んでいます。どんな事でもご相談ください。一緒に笑顔になり、そこから一緒に楽しいカーライフを始めませんか? ぜひお待ちしています。

 

店長の構想

私共は本当に必要な装置なのか、思ったように装置が使える改造が行えるかを入念にお話しさせていただきます。

 

「この装置はこの車に付きますか?」

この質問は非常に多く、簡単に答えてしまうなら「付きます。」

 

ただ、本当にその装置が必要なのか否かは装置を使われる方と念入りにお話をしないと、「付けたけど使えない」「不便」「いらなかった」等、期待をされていた分の悲しみの声が改造後に出てしまいます。

また、装置を使われる方の体型や体の状況からシートとハンドルのポジション、装置を付けたと仮定して「握る」「押す」「引く」が出来るか等、念入りな打ち合わせを行わないと前文に挙げた言葉が出てしまいます。

 

皆さんが感じておられる「運転操作や改造への不安」や「車を運転したい願い」は共に解決し、解消し、最後には喜びを分かち合いたい!

そんな想いで日々取り組んでおりますので、いつでも気軽にご相談下さい。

 

福祉車両への改造、福祉車両のことならブレイブボア株式会社にお任せください!

BRAVE BOAR株式会社
今崎泰志

時代は改造してくれる会社が
求められているのではなく、
相談できる会社が求められています。

相談したい方は今すぐお電話を!

TEL:048-711-7668

メールでのお問合せは

こちらのフォームから
お願いします。

Facebookでも、
福祉車両改造事例や加工、施工の情景、
福祉車両専門店「BRAVE BOAR株式会社」の
こだわりなど公開しています。

ご興味ある方はFacebookでも、
お友達申請お待ちしています。

今崎泰志の日常を綴ったブログ。
「やっさんが行く」も
ご覧いただけたらうれしいです。

http://yassan.officialblog.jp

 

-福祉車両改造・日々の仕事, 福祉車両への改造事例
-, , , ,

Copyright© 埼玉県の福祉車両改造・介護車両改造専門店 BRAVE BOAR株式会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.